木洩れ陽’S ブログ

                   since 2005/06/06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『脳が壊れた』 鈴木大介著


  

突然の脳梗塞に襲われた41歳のルポライター。一命は取り留め、見た目は「普通」の人と同じにまで回復した。けれども外からは見えない障害の上に、次々怪現象に襲われる。
トイレの個室に突然老紳士が出現。会話相手の目が見られない。
感情が爆発して何を見ても号泣。
一体、脳で何が起きているのか?
持ち前の探求心で、自身の身体を取材して見えてきた意外な事実とは?
前代未聞、深刻なのに笑える感動の闘病ドキュメント!


見た目には判らない高次脳機能障害の実態とかが、判りやすく書かれている。
それも深刻になりすぎないように書かれていて読みやすかった。

著者は元々執筆テーマとして、主に社会的に発言の機会を与えられない弱者を取材して、彼らの声なき声を代弁するというものだったそう。
その中でうつ病や発達障がいをはじめとして、パニック障害や適応障害などの精神疾患・情緒障害、薬物依存や認知症等を抱えた人たちに取材をしてきたとのこと。
自分が脳梗塞から高次脳機能障害となり、初めてその人たちの苦しさを実感として判ったと。

『リハビリ医療のポテンシャル』という章があるのだが、その章に書かれている内容は非常に心に残った。
発達障害と言われてる子の中には、「先天的障害」の子だけでなく、「環境的発達不全(過度のネグレクトや虐待による発達不全)」の子が紛れ込んでいること。
リハビリをしていくうちに、「リハビリとは発達の再体験・追体験」であると気づき、それをサポートしてくれる療法士たちは極めて優秀な「子どもの発達の支援者」になる可能性を秘めたプロ集団であると気づく。
「環境的発達不全」には療法士による「発達の再体験・追体験」があれば支援できるケースが多いはずだと言う。
なぜ子どもや若い社会的弱者の支援にその力を発揮させることが出来ないのだろうかと、現場の実情や医療の状況が書かれ、問題提起されていた。
子育て総合支援センターで見聞きした人や子ども達のことを思い浮かべてしまった。

そして最後の章に書かれた文。

 もしあなたの近くに、孤独な当事者(高次脳や脳疾患者)がいるならば、もしその人があなたにとって人知れず自殺なんかされたら悲しくなってしまう相手ならば、まず「行動」してほしいのだ。
 (中略) 
 平時ならば、頼まれてもいないことをするのは差し出がましいのではないか?押し付けがましいのではないか?という気持ちが先にたつものと思う。本当に追い込まれた人間は、助けての声がでなくなる。そして「してほしいことある?」と聞かずに一方的にやってくれることが、ようやく助けての声を絞り出すためのプロセスになる。


心しておこうと思った。

一読をお勧めする本でした。

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

右サイドメニュー

ブログ内検索

最新記事

最近のコメント

データ取得中...

お友達&お気に入り

左サイドメニュー

プロフィール

木洩れ陽

Author:木洩れ陽
日々の出来事をつらつらと書いております。
口とガラが悪いのですが、よろしかったら足跡を残していってください。

カテゴリ

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

アーカイブ

 

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。