木洩れ陽’S ブログ

                   since 2005/06/06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『マイ・インターン』と『マネー・ショート』

サンフランシスコから帰る機内で見た映画を2本。
映画館で観ようかなぁと思っていたけど、結局観なかった映画だったので根性入れて観た(笑)
お蔭で時差ボケせずに済んだような気がする(^^;

  

舞台はニューヨーク。華やかなファッション業界に身を置き、プライベートも充実しているジュールス。そんな彼女の部下に会社の福祉事業として、シニア・インターンのベンが雇われる。最初は40歳も年上のベンに何かとイラつくジュールスだが、やがて彼の心のこもった仕事ぶりと的確な助言を頼りにするようになる。そんな時、ジュールスは仕事とプライベートの両方で思わぬ危機を迎え、大きな選択を迫られる──。


1本目は『マイ・インターン』。
時間に追われるように仕事をしているデジタル世代のジュールスと、ゆったり構えて周りを見つつ仕事をするアナログ世代のベン。
経験を積んで歳をとるっていうのは悪くないぞ!!と感じさせてくれるベンが、超魅力的。
ベンのように、若者を拒絶することなく、出来ることを探し出せて、人生を楽しめる歳の取り方を目指したいな。
最後、ウルッときたけどグッと止めた(^^;


  

映画『マネーボール』の原作者でもあるマイケル・ルイスの著書に基づく、
世界経済を襲ったリーマンショックの裏側でウォール街を出し抜いた4人のアウトローたちの驚愕の実話。
ブラッド・ピットが、映画『マネーボール』にも続いてプロデューサーをつとめ、アダム・マッケイ監督が映像化。
ウォール街の巨大金融機関を敵に回す4人の型破りな金融マンに、クリスチャン・ベール、
スティーブ・カレル、ライアン・ゴズリング、ブラッド・ピットといった人気・実力ともに兼ね備えたハリウッドを代表する豪華キャストが集結。
ウォール街のパワーも権威も常識もすべてを敵に回した男たちの痛快すぎる大勝負に拍手と笑いがとまらない!


そして2本目は『マネー・ショート』。
2008年のリーマン・ショックの時に、サブプライム・ローンの破綻に気づき逆張りをして儲けた人々の実話を映画化したもの。
これが実話だっていうところにビックリ。
サブプライム・ローンを元に作った債務担保証券(CDO)の格付けのからくりがあまりにヒドイ!
どう考えたって詐欺!
今までリーマン・ショックの原因をキチンと理解していなかったので、勉強になりましたわ(^^;
この映画はある程度金融や投資の知識がないと、ちょっと難しいかな?と感じた。
私は原作を読んでみようと言う気になってしまい、読みたい本リストに登録してしまいましたとさ(^^;


*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

右サイドメニュー

ブログ内検索

最新記事

最近のコメント

データ取得中...

お友達&お気に入り

左サイドメニュー

プロフィール

木洩れ陽

Author:木洩れ陽
日々の出来事をつらつらと書いております。
口とガラが悪いのですが、よろしかったら足跡を残していってください。

カテゴリ

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

アーカイブ

 

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。