木洩れ陽’S ブログ

                   since 2005/06/06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『大人の始末』 落合恵子著


 

「自分の人生にどう決着をつけていくか」は、人生の終盤を迎えた中高年にとって大きな課題だ。
定年を見据えたうえでの仕事への向き合い方、避けては通れない家族問題、いつか必ずやらねばならない生活環境の整理、老いていく自分への対応……。
いわゆる“終活"にとどまらない、リアリティを持った人生の締めくくり方、始末のつけ方とは何か。
著者自身の死生観や倫理観に対峙しながら、「どうかっこよく幕を引くか」をテーマに新しい生き方を考える一冊。


第一章 おとなの始末とはなにか
第二章 仕事の始末
第三章 人間関係の始末
第四章 社会の始末
第五章 暮らしの始末
第六章 「わたし」の始末

そろそろね・・・
私も考えております(笑)
が、社会の始末・・・
私たちが声を上げなかったことで、悪化していく状況に対する社会に対する始末。
これは私は弱い。
反原発や戦争法制反対などの社会活動と呼ばれる活動に、どうしても目を向けられない。
落合さんがこれらの活動をせずにいられないのは「怒り」と書いているのだが、その「怒り」が湧かない。
先々の日本に対して、あまりにも無責任なんだとは思うが、どうしたもんだか・・・(´д`;)

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

右サイドメニュー

ブログ内検索

最新記事

最近のコメント

データ取得中...

お友達&お気に入り

左サイドメニュー

プロフィール

木洩れ陽

Author:木洩れ陽
日々の出来事をつらつらと書いております。
口とガラが悪いのですが、よろしかったら足跡を残していってください。

カテゴリ

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

アーカイブ

 

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。