木洩れ陽’S ブログ

                   since 2005/06/06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『岐かれ路』 坂東真砂子著


 

突然、男の腕に抱きしめられ、唇が塞がれた。吸い付かれた部分から、ぞくぞくするようなさざ波が掻き立てられ、女の全身へと広がっていく――あでやかな春画から匂い立つ、濃密な官能。過激で明るい男女の営み。くり広げられる痴態に、悦楽の喘ぎを聞いて、物語が紡ぎ出された。春画を堪能しながら、江戸の褥に心を遊ばせ、大らかなエロスを味わう……欲望を解き放つ、魅惑の13篇。


R指定だそうで・・・
ということで、内容はお判りだとは思います。
簡単に言っちゃうとエロ本です(笑)

去年から春画展っちゅ~のが始まり、なんとはなしに春画に関することが目に留まりまして、その中の一つが本書。
各編の先頭に春画が1枚挿入されております。
その画に沿った短編なのですが・・・・
でもって、エロスを生々しく表現する著者でございますので・・・
いやはや・・・毒気が強かった。
だからか?途中で飽きた(笑)
これの後編も借りて来ていたんだが、そちらは読まずに返します(´д`;)
滅多にないことでございます・・・

ってか、新幹線の中でこ~ゆ~本を読んでる私ってど~よ・・・orz

*Comment

新幹線のなかで……

変態だな❢(爆)
  • posted by よ
  • URL
  • 2016.04.10 09:34

>よなちゃん
ま、見た目は小説だったもんでね(笑)
  • posted by 木洩れ陽
  • URL
  • 2016.04.10 13:01

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

右サイドメニュー

ブログ内検索

最新記事

最近のコメント

データ取得中...

お友達&お気に入り

左サイドメニュー

プロフィール

木洩れ陽

Author:木洩れ陽
日々の出来事をつらつらと書いております。
口とガラが悪いのですが、よろしかったら足跡を残していってください。

カテゴリ

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

アーカイブ

 

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。