木洩れ陽’S ブログ

                   since 2005/06/06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ひんやりと、甘味』 阿川 佐和子、 浅田 次郎他著


 

真夏に読みたい冷たいスイーツに関するエッセイを集めたアンソロジー。アイスクリーム、かき氷、カルピス、水羊羹、ところてん、みつ豆……。「おいしい文藝」シリーズ第6弾。「涼」あります。


「ひんやりと、甘味」を題材に、41人の作者のエッセイを集めた本。
昔の方から現在も活躍中の方まで、ま~41人、よくお集めになりました。
図書館の受け入れ本リストにあって、阿川さんと浅田さんの名前があったので、どんな本かも確認せずに予約。
それなので、「ひんやりと・・・・寒いじゃん!!!」という状態で読みました(笑)

氷水、ところてん、アイスクリーム・・・
皆さん、いろいろと「ひんやりとした甘味」に思うことがおありでした。
やっぱり幼い頃の想いと、今っていう対比が多かったような・・・
ほんのりとセピア色の情景が浮かぶ本でございました。


*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

右サイドメニュー

ブログ内検索

最新記事

最近のコメント

データ取得中...

お友達&お気に入り

左サイドメニュー

プロフィール

木洩れ陽

Author:木洩れ陽
日々の出来事をつらつらと書いております。
口とガラが悪いのですが、よろしかったら足跡を残していってください。

カテゴリ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

アーカイブ

 

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。