木洩れ陽’S ブログ

                   since 2005/06/06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『民王』 池井戸潤著


 

夢かうつつか、新手のテロか? 総理と息子の非常事態が発生――。

「お前ら、そんな仕事して恥ずかしいと思わないのか。目をさましやがれ! 」漢字の読めない政治家、酔っぱらい大臣、揚げ足取りのマスコミ、バカ大学生が入り乱れ、巨大な陰謀をめぐる痛快劇の幕が切って落とされた。
総理の父とドラ息子が見つけた真実のカケラとは!? 謎が謎をよぶ、痛快政治エンタメ!


借りてきた本の表紙はこれとは違い、もっと物々しい感じだったもんで、まさか中身がエンタメ本だとは思わなかった(笑)
最近TVドラマになったようで、その宣伝を見たら、父と子が入れ替わっちゃうっていう話らしく「えっ?マジ!?」で慌てて読んでみた。

前半は思い浮かべる政治家が何人かおり「その風刺かい。今まで読んだ池井戸さんの本とイメージが違って駄作か?」とか思ったんだが・・・
なんのなんの!!やっぱ池井戸さんの本だわ。
最近のマスコミや国会に対して私達(いや私だけ?)が思っているようなことが描かれていたりして、もう思いっきり「そうだ、そうだ!!」って声援を送ってた(笑)

君みたいにさ、理想論ばっかりいってる若者っていうのは達が悪いんだ。
だが、理想論すら語らない若者はもっと達が悪い。いま君が話してくれた志や夢、忘れないでくれよ。


なんかジーンときたぞ。
最後はね、ウルウルさせられました。

池井戸さんの本が人気なのは、皆が心のどこかで思っている世間に対する怒りとか想いを代弁してくれるからじゃないかなぁと思いながら読んでおりました。

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

右サイドメニュー

ブログ内検索

最新記事

最近のコメント

データ取得中...

お友達&お気に入り

左サイドメニュー

プロフィール

木洩れ陽

Author:木洩れ陽
日々の出来事をつらつらと書いております。
口とガラが悪いのですが、よろしかったら足跡を残していってください。

カテゴリ

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

アーカイブ

 

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。