木洩れ陽’S ブログ

                   since 2005/06/06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『千春の婚礼』 平岩弓枝著


新・御宿かわせみ5 千春の婚礼 (文春e-book)新・御宿かわせみ5 千春の婚礼 (文春e-book)
(2015/02/20)
平岩弓枝

商品詳細を見る

明治時代に舞台をうつした、新・御宿かわせみ第5弾! 千春と清野凜太郎が無事に婚礼を挙げた数日後、麻太郎と源太郎が奇妙な事件に出くわす。狸穴の大地主・林田理兵衛の息子・政吉が首をくくったが、理兵衛も奉公人たちも「なぜ死んだのか」については何も語らない。やがて政吉には捨松という双子の兄弟がいることがわかり……。果たして事件の真相は? 江戸から明治に移り変わる世相の中で起こった事件を背景に、千春の結婚や麻太郎の新たな旅立ちなど、若者たちの転機を描く。


ちょっと作風が変わってきたかも…
なんかしっくりこなくなってきた。
でも花世が子どもを産んだときの源太郎と麻太郎の慌てぶりは可笑しかった(^o^)
確かに医者でも身内とかごく親しい人に対してだと、冷静でいられないかもね。
さて、最後麻太郎がまた海外留学に出かけたこと、その留学にちょいと新しい人物たちが絡んできたことから、また流れが変わるか?
でも平岩弓枝さんもかなり高齢になってきたのよねぇ。
この話、ちゃんと終わるんだろうか?

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

右サイドメニュー

ブログ内検索

最新記事

最近のコメント

データ取得中...

お友達&お気に入り

左サイドメニュー

プロフィール

木洩れ陽

Author:木洩れ陽
日々の出来事をつらつらと書いております。
口とガラが悪いのですが、よろしかったら足跡を残していってください。

カテゴリ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

アーカイブ

 

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。