木洩れ陽’S ブログ

                   since 2005/06/06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『いやいやえん』 中川李枝子著


いやいやえん―童話 (福音館創作童話シリーズ)いやいやえん―童話 (福音館創作童話シリーズ)
(1962/12/25)
中川 李枝子

商品詳細を見る

主人公しげるが通う保育園のお話が5話収められている。短いお話も長いお話もあり、好きなものから読める。また、絵も多いため、簡単に読み進めることができる。
「ちゅーりっぷほいくえん」は、しげるの保育園のことを簡単に紹介している、短いお話。「くじらとり」は、しげると保育園のお友だちが、くじらとりにでかけたお話。どこに行ったのかはないしょ。「ちこちゃん」は、しげるとちこちゃんが、保育園で机の上にのるお話。新しい子が保育園に来る「やまのこぐちゃん」は、ちょっどびっくり! 新しく来たやまのこぐちゃんは、ほんもののこぐま! しげるはなかよくなれるかな? 「おおかみ」は、おおかみがお昼寝しているところにしげるが来て…おおかみが、子どもを食べるのが大好きだって、知ってるよね? 「山のぼり」は、保育園のみんなで山のぼりにいって、まいごになったしげるが、とんでもないものにあっちゃうお話。『いやいやえん』は、しげるが「いやいやえん」っていうヘンな保育園につれてかれちゃうお話。

ひらがなが多くて、漢字にはすべて「ふりがな」がふってあり、小学校低学年くらいから1人で読める、子どもたちに人気の童話。(つちだみき)


この本を初めて読んだのはいくつの時だったかなぁ・・・

日経DUALで中川 李枝子さんがコラムを書いているのを見て、ふと懐かしくなって借りてきた(^^;
子どもの頃に読んだ童話を大人になってから読み返すと、いろんなことに気づく。
「いやいやえん」は昔のままで読めたけど、松谷みよ子さんの「モモちゃん」シリーズは特にビックリする本。
離婚を扱っていたり、働く母のしんどさが描かれていたり・・・
子どものころには気づかなかったが、今読み返すとしんみりしちゃったりする。

ってことで、また「モモちゃんシリーズ」を読みたくなってきたな・・・
いつかまた読み返そうっと(*^_^*)

*Comment

をぉ!

懐かしぃー!ヾ(@°▽°@)ノ
  • posted by くま
  • URL
  • 2014.05.30 11:01

>くまさん
でしょ?(笑)
  • posted by 木洩れ陽
  • URL
  • 2014.05.30 13:20

懐かしい!

こういうのって大人になって読み返してみると
実は深い意味があったりするのよねぇ・・・
  • posted by よな
  • URL
  • 2014.06.02 11:50

>よなちゃん
「いやいやえん」の場合は昔も今も変わらなかったけどね(笑)
  • posted by 木洩れ陽
  • URL
  • 2014.06.02 16:35

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

右サイドメニュー

ブログ内検索

最新記事

最近のコメント

データ取得中...

お友達&お気に入り

左サイドメニュー

プロフィール

木洩れ陽

Author:木洩れ陽
日々の出来事をつらつらと書いております。
口とガラが悪いのですが、よろしかったら足跡を残していってください。

カテゴリ

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

アーカイブ

 

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。