木洩れ陽’S ブログ

                   since 2005/06/06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『インフェルノ』(上・下) ダン・ブラウン著

インフェルノ (上)  (海外文学)インフェルノ (上) (海外文学)
(2013/11/28)
ダン・ブラウン

商品詳細を見る

フィレンツェ。襲撃を受け病院を逃げ出したラングドン教授。手にした見慣れぬ円筒から浮かびあがったのはダンテ『神曲』を描いた、ボッティチェルリ〈地獄の見取り図〉。原画にはない暗号、解読した先に待つのは?


映画化が既に決まっているそうで・・・
頭の中でトム・ハンクスが走り回っておりました(笑)
なんちゅ~か、今回の話はなんちゅ~か無茶苦茶っぽい(´ o`)
ドンデンというより、無茶。
でもって今までの中で一番ありえない話というか・・・

が・・・
これを読みながらフィレンチェ行ってみたくなったぞ~~!!
あとイスタンブールも。
そんな本でございました。

*Comment

ダヴィンチコードから

天使と悪魔とかシリーズ化されているけど、やっぱりダヴィンチコードが一番デキがいいかな。
どうしてもシリーズになると、派手に、奇想天外になっていくから。
  • posted by 光ってない源氏
  • URL
  • 2014.01.21 09:49

読むか否か

未だ迷ってる作品。。。

旅のお供するで〜^_^
なんたってGWは11連休(笑)
  • posted by お
  • URL
  • 2014.01.21 11:03

>光ってない源氏さん
だね。
一番最初に売れたっていうのは、それなりに理由があるような気がする。


>Okeiさん
GW…
いいわねぇ…(´ー`)
  • posted by 木洩れ陽
  • URL
  • 2014.01.21 12:37

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

右サイドメニュー

ブログ内検索

最新記事

最近のコメント

データ取得中...

お友達&お気に入り

左サイドメニュー

プロフィール

木洩れ陽

Author:木洩れ陽
日々の出来事をつらつらと書いております。
口とガラが悪いのですが、よろしかったら足跡を残していってください。

カテゴリ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

アーカイブ

 

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。