木洩れ陽’S ブログ

                   since 2005/06/06

スポンサーサイト

  • --.--.-- --:-- 
  • |

『北前船の事件』 平岩弓枝著

谷中・感応寺境内で、越後出身の水主ではないかと思われる殺人死体が見つかった。その直後南町奉行・根岸肥前守の侍女お鯉が、忽然と消えた。そして御番所の目安箱に奇怪な書状が投げ込まれた。かくして、新八郎は越後に向かったのだが…。 「はやぶさ新八御用旅」シリーズの最新刊となります。ほっこりと楽しめました(*^_^*)「くだらない」と言う言葉の語源が書いてありまして・・もともと江戸の人々が飲む酒は関東周辺で造られて...

『孤独』 北野武著

初めて語る父、息子、娘、妻への想い。人生で一回だけ宗教を信じた瞬間とは? 出生の秘密から、離婚の危機、青春時代、そして、愛人や酒と暴力にまつわる数々のエピソードまで-北野武、55年目の告白。ううむ・・・Amazonリンクで引っ張れなかった(ーー;)AmazonのHPではヒットするのに・・・何が違うんだ・・?16:30現在、復活してたのでリンク張りました(*^_^*)かなりハチャメチャな人生をお送りのようです・・(^_^;)特に「結婚生...

『離れて暮らす親のケア』 太田差惠子著

離れた親の暮らしをどう支えればよいのか? 介護サービスの使い方から、医療費・保険などの仕組みや利用法、介護にまつわる夫婦・きょうだい関係やトラブルまで、老親をケアする子世代の様々な疑問にわかりやすく回答する。お義母さんが、今のケアハウスの次の生活を勧められるようになってきたらしい。どうも認知症の症状もでてきたようである。ってことで、一応我が身になってきたので、興味を持って読んでみた。さすがにデイサー...

『超一流でなくても「成功」できる』 長谷川滋利著

ご存知、メジャーリーガーだった長谷川さんが、自分が成功できた理由を分析した本です。すっごい考える人なんだなぁ・・・と・・長谷川さんは自分が成功できた理由を以下の3点だといっている。計画性。情報の分析力。自分の力を正しく把握すること。「自分の力を正しく把握すること」過大評価も過小評価もせず、正しく把握する・・・これって、めちゃくちゃ難しいことだと思う。私にはこれが出来ない・・・(T_T)あととっても気に...

『還らざる道』 内田康夫著

桜の季節、愛知・岐阜県境の奥矢作湖に他殺体が浮かんだ。被害者は業界大手、白陽インテリア会長の瀬戸一弘と判明。瀬戸は、二度と還らないと決めていた過去へ旅立つという手紙を残していた。それは、ずっと隠してきた故郷への旅だったのか?なぜ、いま旅立たなければならなかったのか?事件の真相を追って、三州、吉備、木曾へ、浅見光彦も推理の旅に出た―。内田康夫さんの新刊。いつもながら落ち着いて読むことの出来る作風。今回...

右サイドメニュー

ブログ内検索

最新記事

最近のコメント

データ取得中...

お友達&お気に入り

左サイドメニュー

プロフィール

木洩れ陽

Author:木洩れ陽
日々の出来事をつらつらと書いております。
口とガラが悪いのですが、よろしかったら足跡を残していってください。

カテゴリ

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

アーカイブ

 

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。