木洩れ陽’S ブログ

                   since 2005/06/06

スポンサーサイト

  • --.--.-- --:-- 
  • |

『傷痕』(上・下) コーディ・マクファディン著

傷痕(きずあと)〈上〉 (ヴィレッジブックス)(2006/11)コーディ マクファディン商品詳細を見るエコ友のOkeiさんが、私を名指しして勧めてくれたコーディ・マクファディンの著書。読みました。読みましたよ、お勧め通りに1作目から・・・凶悪犯に夫と幼い娘をなぶり殺され、自らも顔と心をずたずたにされた辣腕FBI捜査官のスモーキー。心の傷が癒えぬまま休職中の彼女に、ある日部下から連絡が入った。親友が惨殺され、現場にはボニ...

『妖しい詩韻』 内田康夫著

辺見じゅんさんの短歌をもとに、『死』をテーマに書かれた短編です。内田さんの過去の著作で殺されていった者の死に際の思い、殺した者の思いなどが描かれています。すっごく『妖しい』雰囲気です。内田さんのかつてない作風のものです。初めの何篇かを読んだときには、坂東眞砂子さんの著作を思い出してしまいました。...

『シンデレラ・ティース』 坂木司著

サキは大学二年生。歯医者が大嫌いなのに、なぜかデンタルクリニックで受付アルバイトをすることになって…。個性豊かなクリニックのスタッフと、訪れる患者さんがそれぞれに抱えている、小さいけれど大切な秘密。都心のオフィス・ビルの一室で、サキの忘れられない夏がはじまる。坂木さんの本、いいかも・・・(*^_^*)前回の『ワーキング・ホリデイ』といい、この『シンデレラ・ティース』といい、何となく優しさが溢れてる。それ...

『おっぱいバレー』 水野宗徳著

忘れようと思っても、多分40秒に1回は女子のことを考えている。こんなどうしようもなかった僕たちの前に、女神が現れた!これから話すのは、僕たちにとてつもない魔法をかけてくれた女神との物語だ。えっ!先生が「おっぱい」を見せてくれる!?実話を元にした青春小説の誕生。なかなか笑えて、なかなかジーンときた本。実話を元にしてるってところがビックリ意外(笑)この実話を教えてくれた先生が言ったそうな・・「冗談じゃなきゃ...

『借金取りの王子』 垣根涼介著

「『君たちに明日はない』 垣根涼介著」にトラックバックしています。村上真介はリストラを請負う会社に勤めるサラリーマン。昨日はデパート、今日はサラ金、明日は生保に乗り込んで、泣かれたり、殴られたり。相性バッチリの恋人陽子は恐ろしく気の強い女で、すんなり結婚とはいかないし、真介の前には難題山積み。だけど明日は来る――。他人事でないリストラ話に思わず涙。働く人必読の面白小説! 『君たちに明日はない』の続編で...

右サイドメニュー

ブログ内検索

最新記事

最近のコメント

データ取得中...

お友達&お気に入り

左サイドメニュー

プロフィール

木洩れ陽

Author:木洩れ陽
日々の出来事をつらつらと書いております。
口とガラが悪いのですが、よろしかったら足跡を残していってください。

カテゴリ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

アーカイブ

 

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。